【第1回】石川陽子先生に聞く!日本語で外国人に話すことが生む「やさしさ」とは?

日本で働く外国人が今後ますます増えていくと思われますが、やはり英語が必須でしょうか…?


今週からは、新しい賢者の先生にお話を伺っていきます。


インタビューにお答えいただいたのは、株式会社エルロン代表取締役、そして日本語講師としてもご活躍されている石川陽子先生です。


先生は、日本の企業で働く外国人を対象とした、社会人基礎力養成を取り入れたビジネス日本語カリキュラムを作成し、大手コンビニ、国立大学等にて授業を実施などに取り組まれてきました。


日本は諸外国と比べ、人口に占める在留外国人の割合が低いことで知られますが、外国人労働者の流入等によりその割合は上昇傾向にあります。

厚生労働省 外国人労働者の現状より引用


こういった状況が進むと、当然保護者の皆さまが勤められている職場に外国人がいるなんてことは当たり前になっていくかもしれません。

加えて、外国人労働者の御子弟も一緒に日本へやって来るわけですから、皆さまのお子様の通う学校にも外国からやって来た子がいるというケースも増えていきます。

しかし、日本人の気質的に英語でのコミュニケーションに不安や気負いを感じてしまい、積極的に関わりを持とうとしないなんてことも懸念されますね。

外国人の側からすると、コミュニケーションを取ってもらえずに不安を抱えてしまい、日本に居心地の悪さを感じてしまうことでしょう。

これからの日本でそんな状況が想定されるからこそ、今回は外国人労働者や日本への留学生への日本語教育に取り組まれてきた石川先生にお話を伺う運びとなりました。


職場だけでなく学校現場にも密接に関わってくる可能性があるお話ですので、ぜひ全4回のインタビュー記事をお読みいただき、この話題についてお子様と共有していただけますと幸いです。

それでは、石川先生よろしくお願いいたします。

「やさしい日本語」って何だろう?

さて、最初にもご紹介したように石川先生は日本で仕事や学業に励まれている外国人の日本語教育に取り組まれています。


そんな先生が、今どんな活動や取り組みをされているのかについて、最初にお話を伺いました。

石川先生は海外から日本に来て仕事や学業をされる方への日本語教育に取り組まれていると伺っております。

その中で、具体的にどのような活動をされているのか、教えてください。

「やさしい日本語」を使って、外国人と日本語でコミュニケーションをとるためのサポートに取り組んでいます。

続きはコチラ


日本には今、293万人の外国人が住んでいます(法務省:令和2年3月の発表より)。これは、政令指定都市である大阪市の人口を超える人数です。

みなさんの身近なところでも、外国人を見かけるということが増えてきたのではないでしょうか。

例えば、ご近所や社内、それから御子弟が通学される学校に、外国人の方がいるということは今や珍しいことではありません。

さて、みなさんは、身近にいる外国人と話すとき、何語で話すのがいいと思われますか?

英語、中国語、韓国語・・・。

外国語が堪能な方はいらっしゃいますが、得意じゃない・・という方のほうが多いのではないでしょうか。

日本に住んでいる外国人とのコミュニケーションですが、実は、外国語ではなく日本語で大丈夫なのです。「やさしい日本語」を使えば、外国人と日本語でコミュニケーションをとることができます。

「やさしい日本語」を使うことで、日本人と外国人のコミュニケーションは取りやすくなります。また、お互いが共に学び、協働し、支え合える社会を実現するための、ひとつのツールになるとも考えています。

そのため、地方自治体や病院、一般の企業を対象に、「やさしい日本語」ワークショップを展開し、普及を促進しています。

最近では、「やさしい日本語」の翻訳のご依頼も増えてきております。


「やさしい日本語」というキーワードが挙がりましたが、どういったものなのでしょうか?

「やさしい日本語」は、日本人が簡単な練習をすることで使えるようになる、外国人とのコミュニケーションツールだと思っています。

続きはコチラ


「やさしい日本語」というのは、東日本大震災をきっかけに弘前大学で研究されたもので、これまで、主に地方自治体の防災・減災の情報発信等に使われてきました。

まだ日本語に不慣れな外国人が理解しやすいように、簡単な日本語に調整して伝える方法のことを指しています。

話が少しそれてしまうのですが。私は、日本国内で日本語教師をして7年が経ちます。7年の中で、約1300名の留学生と関わってきました。

自己紹介の際に、このようにお話すると、「じゃあ石川さんは、英語がペラペラなんですね!」と、99%言われるのですが、私は日本語以外の言語を話すことができません。

これまで関わった留学生の国は、30カ国以上で、有難いことに今でも友人として連絡を取り合っているのですが、やりとりは全て日本語だけでしています。

やりとりをしている外国人の方々の日本語レベルは様々です。ですので、私は、相手が理解できる範囲の日本語を選んで、コミュニケーションをとっています。

これは、ティーチャートークと言って、日本語教師の専門スキルとして訓練することなのですが、「やさしい日本語」は、この専門スキルを応用している感じです。

ティーチャートークを習得するには、時間がかかってしまうのですが、「やさしい日本語」は、日本人が簡単な練習をすることで使えるようになります。


石川先生が取り組まれている「やさしい日本語」のワークショップの様子もご紹介させていただきます。


日本人と外国人が同じ教室で学んでいる様子①
日本人と外国人が同じ教室で学んでいる様子②


こういった画像だけを見ると、多くの方は「英語」を使っているんだろうなと想像すると思いますが、実は先ほどもお話があったように日本語を使って学んでいるんですね。

外国の方を見ると、どうしても「外国語」で話さなければという先入観を持ってしまいます。

しかし、日本にいる外国の方と話す際は、こういった「やさしい日本語」でコミュニケーションを取ってみるのは、メリットも大きいのではないでしょうか。

「やさしい日本語」がもたらすメリット


さて、先ほどの先生の取り組みの紹介の中で「やさしい日本語」というキーワードが挙がりました。

日本にいる外国人にも伝わる日本語ということで、概要をお話しいただきましてが、石川先生はそんな「やさしい日本語」にどんなメリットを見出しているのでしょうか。


日本国内で、外国籍の方々に英語ではなく「やさしい日本語」で対話することのメリットはどんなところなのでしょうか?

日本語を少し工夫するだけで、私たちは母語で、外国人の方々とコミュニケーションをとることができます。これは当然メリットです。

続きはコチラ


加えて、最大のメリットは、私たちが「やさしい日本語」を使うことで、日本に住む外国人の方々が抱える不安要素が軽減されることにあると感じています。

一緒に、新しいコミュニティーを作っていくことができる手段の一つになるのではないでしょうか。

私自身、日本語教師になる前は、英語が話せないので、外国人と会話をすることは自分には難しいと思いこんでいました。みなさんはどうでしょうか?


なるほど。日本語でコミュニケーションをとれたという経験が自信に繋がっていくわけですね!

「やさしい日本語」の普及活動に力を入れ始めた理由のひとつが、次のデータにあります。

このデータは、日本にいる外国人に質問し、得た回答の結果データです。

Q:あなたは、英語を話すことができますか?
Q:あなたは、日本で何語を話していますか?

一方で、日本人に「あなたは、自信をもって英語で言いたいことを伝えることができますか?」という質問に、「はい」と答えた方は15%だったというデータもあります。

これらのデータからも、日本で生活している外国人とのコミュニケーションは、「日本語」が双方にとってよい、ということが分かると思います。

このお話を、様々な団体や企業ですると「そうなんですね!」と、少し安心したような表情をされるのが印象的です。

私たちの母語を、少し工夫するだけで、様々な国の方とコミュニケーションができるとしたら・・・素敵ですよね。

生活も学びも、「やさしい日本語」を使うことで可能性が広がっていくと感じています。

ぜひ、みなさんに、「やさしい日本語」を試していただきたいです。


日本人は「バイリンガル」や「外国語が話せる」ということに対して、自分に課すハードルが高いとも言われますよね。

そのため「あなたは、自信をもって英語で言いたいことを伝えることができますか?」という質問に「はい」と答える自信を持っている方が少ないのだと思われます。

そんな傾向があることを考えても、日本語を使うことで、外国の方とのコミュニケーションへの抵抗感が軽減されるのが大きいですね。

また、外国の方にとってもメリットがあるというのは非常に重要なことだと思います。

観光客の場合であれば、一時的な滞在ですから日本語を話さなくともそれほど大きな問題にはなりませんが、日本に住むとなると日本語を話せないと不安を感じる局面は必然的に多くなります。

そんな心理的な不安を日本語で話せたという成功体験によって和らげる効果があるのは、大きなメリットではないでしょうか。

在留外国人たちの学びの状況


さて、2019年10月末時点の前年同期から13.6%増の165万8804人に到達するなど、近年日本に在留する外国人労働者が増加傾向にあります。

そんな外国人労働者の子どもたちも日本にやって来るというケースは、当然比例して増えていくと思われますが、現在の日本の学校や教育現場ではそれに対してどれくらい対応できているのでしょうか?

これからまさに課題になっていくであろうこの話題について石川先生にお伺いしました。


企業や組織で働く外国人が増えるということは、その御子弟も増えることになります。在留外国人の方々はどのように日本の学校で学んでおられるのでしょうか?

文部科学省のデータによると、公立学校における日本語指導が必要な児童生徒数は、平成28年時点で、約44,000人いると言われていますね。

続きはコチラ


私は、日本語学校と、区の子供日本語クラスのボランティア教室で日本語を教えていました。

日本語学校に小学生や中学生が学びに来るということはほとんどありませんでした。

一方で、ボランティア教室には、教室に入りきれないほど、様々な学年の御子弟が、日本語や教科を学びに来ていました。あまりにも多すぎて、日本語教師が足りないほどでした。

私がお手伝いしていた区の報告では、公立学校では外国人子弟に日本語を教える対応はまだできていない、というお話がありました。また、学校によっては、特別支援学級に集めて教科を教えているという話も聞いたことがあります。

ボランティア教室は、週1回2時間程度の教室でしたので、十分なフォローアップは難しいように感じました。

公立学校の先生方は、日々大変ご多忙な中で教科を指導なさっていると思います。外国人子弟に対するご心配も、きっとされていらっしゃることと思います。

「やさしい日本語」は、数日の練習で身に付きます。

「やさしい日本語」が学校の授業でも言語ツールのひとつになればいいなと、今いろいろ企画なども考えているところです。


学校では、まだまだ対応が追いついていないという状況があるのですね。


大きな大学の近くの効率の小・中学校には、教授として大学に勤めている外国人の御子弟が在籍していることも多いです。

こういった学校でも、担任の先生とは別の先生や支援員・学生サポーターが不慣れな英語で何とかコミュニケーションを取ろうとし、子どもに上手く伝えることが出来ないと四苦八苦している光景が見られました。

また、他の子どもたちが、なかなか外国からやって来た同級生と上手く関わりが持てず、浮いてしまうという状況も懸念されます。

「やさしい日本語」はそういったジレンマを解消するカギになり得る有効なツールだと感じますね。

学びのヒント

石川先生、ありがとうございました。


今回の先生のお話の中でのSDGs教育に関する「学びのヒント」としては以下のことが挙げられると思います。


学びのヒント

(1)「やさしい日本語」でコミュニケーションを取ることは日本人にとっても外国人にとってもメリットがある
(2)日本の教育現場は、まだまだ外国人の受け入れに追いつけていない状況である


日本人は特になのかもしれませんが、外国人を見ると、まずは「英語で話さなくては!」という先入観を持っている方が多いのではないでしょうか。

しかし、在留で働いていたり、学校で学んでいたりする外国人とコミュニケーションを取ると考えた時に、相手はむしろ日本語での会話を望んでいるかもしれません。

日本語でコミュニケーションを取ることが出来たという経験は、彼らにとっても日本に住む上での不安軽減にもつながります。

もちろん私たちは母語を使うことが出来るわけですから、コミュニケーションを取ることへのハードルが下がりますよね。

このように少し視点やアプローチを変えることで、コミュニケーションに纏わる深刻に思える問題が解決していくこともあるのだと驚かされます。

今回のインタビュー記事で、気になった方はぜひ「やさしい日本語」を調べていただいて、お子様にこんな日本語があるんだよとお話してあげてください。

おすすめの本

今回の記事に関連したおすすめの参考書・問題集をご紹介させていただきます。


関連書籍

小学まとめノート 国語 基本語1200

小学まとめノート 国語 基本語1200

○各ページの上段に言葉とその意味を6つ並べ,下段にそれらの言葉の用例を穴埋め式の問題にして確認できるようにしています。

○言葉やその意味にある赤文字を消えるフィルターを使って消せば,穴埋め問題として何度でも取り組むことができ,理解を深めることができます。

詳しくはこちらから

『小学まとめノート 国語 基本語1200』は小学4年生までに覚えておきたい基本的な1200の語彙を収録した問題集となります。

言葉は教科を超えた基礎教養ですので、やはり小学校低学年から徐々に積み上げていきたいですね。

また、同書は日本語を基礎レベルから学べますので、外国語として学ぶ人にも参考になるかもしれません。

今回の賢者

石川 陽子

株式会社エルロン代表取締役・日本語講師
新卒から10年間、大手人材派遣会社に勤務。その後、日本語教師に転職。
「やさしい日本語」を使ったワークショプを成功させ、介護施設での「やさしい日本語」ワークショップの実践報告の論文を発表した。
2019年3月、株式会社エルロンを設立し、「やさしい日本語」の普及など外国人人材定着支援に力を入れている。

株式会社エルロンの詳しい情報はこちらから